トップ >> 事業紹介  >> 指導経済

事業紹介 Service

スイゼンジナ

花オクラの食べ方

   オクラの花なのですが、花が美味しくなるように改良した品種です。この花を食します。この花には、オクラの香りと粘りがあり、野菜らしい濃密な甘さがあります。
 花びらを刻んでサラダにしたり、花びらで生ハム等をくるんだりと、食感と彩りが楽しいエディブルフラワーなのです。今年からつくり始め、ものめずらしさも手伝ってか人気商品となっています。
 実際食べてみると、数あるエディブルフラワーの中でも、トップクラスの美味しさでしょう。

下処理の方法

 花びらは痛みやすいので、食べる直前に処理してください。可食部は花びらのみです。
 ガク部分には細かいとげがありますので、注意して花びらの部分を切り取ります。まれに、小さな虫が隠れていることがありますので、軽くふるって、さっと水洗いし、水気を拭き取ってお使いください。
 

調理法

1.花オクラのサラダ
  材料:花オクラ、レタスなどサラダ用生野菜、ハムなど 各適量
1.野菜を洗い、食べやすい大きさにちぎり盛りあわせる。
(写真は錦糸卵風に花びらを切ったもの)
マヨネーズ味も美味しいのですが、和風ドレッシングなどさっぱり系のドレッシングのほうがお薦め。日本酒の肴に、良く合います。
2.花オクラの甘酢和え
  材料:花オクラ:適量 甘酢(出汁+酢+砂糖+醤油をお好みの比率で)
1.甘酢を先に用意しておく。
2.下処理した花オクラをさっと湯通しし、そのまま1の甘酢につける。
3.その他(コンソメスープ、天ぷらなど)

コンソメスープ

天ぷら

かき揚げ

JA東京中央本店営農経済部

事業紹介 Service
JA東京中央 ファーマーズマーケット
東京中央セレモニーセンター
JA東京中央 賃貸情報ホームページ
JA共済 掛金オンラインお見積り
マネーシュミレーション
JAネットバンク
採用情報
苦情処理及び紛争解決処理について
JA東京中央の施設一覧 JA東京中央の施設一覧