よくある質問

よくある質問

Q. JA・JAバンクとは何ですか?

 JAとはJapan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合) の略で、農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

 JAバンクとは、総合事業体であるJAが営む総合金融サービスの総称を表すブランドイメージです。貯金をはじめ、ご融資や振込・口座振替などのニーズに応えることはもちろん、JAグループ全体のネットワークと総合力で地域の皆様に、より身近で、より便利なメインバンクとなることを目指しています。

Q. JAの目的とは何ですか?

 JA(農協)は、人々が連帯し、助け合うことを意味する「相互扶助(そうごふじょ)」の精神のもとに、組合員農家の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。この目的のためにJAは、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事業などさまざまな事業や活動を行っています。

Q. どうすれば組合員になれますか?

 JAの組合員資格には、正組合員と准組合員があります。正組合員は農業者等が条件です。農家でない方でも、当JAで定めた加入手続きに従い、ご出資いただければ准組合員として組合員資格を得て、当JAの事業をご利用できます。また近年は農家ではない地域の皆様の加入が増えています。

Q. 准組合員になるには?

 准組合員になるには、当組合の管轄内(世田谷区・杉並区・中野区・大田区・新宿区・目黒区・品川区)にお住まいで、当組合とのお取引があることが前提となります。口座をお持ちであるか、または口座を開設していただければ准組合員になることが可能です。

 また、出資金額につきましてはお一人10口(10,000円)でお願いしております。

 出資のお手続きや口座開設につきましては、当組合の支店へご来店いただき、窓口でお手続きをしていただくこととなります。

 大変お手数ではございますが、身分証明書(顔写真付)・印鑑・現金をお持ちのうえ、窓口までお越しくださいますようお願いいたします。

 ご来店の前に支店にお電話いただけますと、ご来店の際スムーズにご対応できるかと思います。当組合のホームページより、お近くの支店をご確認ください。

Q. 協同組合と株式会社の違いは何ですか?

 株式会社は株の所有者、つまり株主によって構成されています。株主は、その株式によってより高い配当を受けることが目的です。その会社の製品を使ったり、施設を利用することが目的ではありません。このため、株式会社の顧客は不特定多数です。

 これに対して、協同組合は、組合員は出資しますが、その配当が目的ではありません。出資は協同活動を行う元手です。協同組合は事業の利用者と出資者が同一人です。組合員は組合の事業を利用することによって、自らの生産や生活を向上させるために、協同組合をつくっています。

トップへ