SDGs

身近にあるSDGsの取り組み紹介

 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。JA東京中央では「食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合」として、組合員の皆さんの声に応えながら、自己改革への取り組みを通じて、持続可能な地域農業・地域社会づくりに取り組んできました。ここでは、身近にあるSDGsの取り組みをご紹介します。

 JA東京中央では、みんなの「よい食」を応援する「みんなのよい食プロジェクト」に取り組んでいます。
 「地元の農業を応援して地域を元気にする活動」「栄養満点の旬の農産物を食べて健やかな身体を目指す活動」には、SDGsのアイコンと一緒にこちらのマークが付いています。

上祖師谷郷土研究会が地域活性化に貢献 NEW

 東京都世田谷区にある上祖師谷郷土研究会は、3月27日、上祖師谷農ツアーを行った。これは年齢や在住年数を問わず地域住民に広く地域のことを知ってもらうという目的で、2020年から始まった。以前は、古地名ツアーという名前で行っていたが、当時常務を務めていたJA東京中央の福田武雄専務の助言により、農ツアーと名を変えた。地域に対して熱い思いを持つ高橋光正会長が主導し、以前から地域で人気のイベントとなっている。

 当日は、20名が参加し、地域の畑、用水などの農業遺産7カ所を巡った。かつては、畑作だけでなく、水稲や乳牛など多様な農の営みがあった上祖師谷地域。現在、同JA上祖師谷支部には、50名の支部員のうち、27名の生産緑地所有者がいる。同JA内でも有数の地域だ。そのうちの2カ所では、生産者が自身の栽培法を紹介した。養蜂を行っている宍戸農園では、園主の宍戸達也さん(62)が西洋ミツバチの習性やハチミツの取り方について説明。話を聞いた参加者からは相次いで質問が寄せられた。花市農園では、園主の吉岡誠市さん(70)が栽培中の菜の花やスナックエンドウについて説明。高橋会長が参加者に対し、複数の出荷先に絶えず出荷する吉岡さんの努力を語った。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で開催に至らず、2年ぶりの開催に大盛況となった。参加者は「区報を見て、初めて参加した。地元のことを知る貴重な機会となってよかった」と話した。今後の展開について高橋会長は「私が所属している支部には幸いなことに農業に従事している後継者が9名いる。その後継者たちに活動を繋いでいきたい」と語った。活動を通して地域活性化に貢献する同研究会から目が離せない。

JA東京中央女性部の皆さんによるフードドライブ

 女性部では、自らの生きがいや家族のしあわせ、食育活動、趣味のクラブ活動、料理教室、レクリエーション旅行などのふれあい活動を通じて、互いに助け合いながら楽しい活動を展開しています。

 JA東京中央の女性部は、役員会で持続可能な開発目標(SDGs)に繋がる活動で何かできないかと話し合い、家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄る『フードドライブ』を行うことにしました。

 お歳暮の時期が終わった1月上旬から中旬の7日間行い、缶詰やレトルト食品、お菓子など425点が集まり、1月18日に女性部長の小山さんが世田谷区社会福祉協議会へ手渡しました。寄贈した食品は、世田谷区社会福祉協議会を通じて、子ども食堂や区内の福祉施設等に提供されます。

 小山部長は、「コロナ禍で女性部活動が制限される中、女性部員同士で話し合い、今後もSDGsに繋がる地域貢献を実行していきたい」とお話ししてくださり、私たちも女性部と一緒になってSDGsの活動を広げていきたいと思います。

「農業は面白い」農家主体の食農活動が教材に 松本吉雄さん

 松本吉雄さん(45)は、東京都中野区にある大和町で、約40aの畑を管理し露地野菜を栽培している。圃場は先祖代々受け継いでいるもので、父の勝秀さん(77)から畑を任されて今年で12年目だ。

 もともと、サラリーマンとして働いていた松本さんは、その経験を生かしトライ&エラーを農業にも取り入れている。「1年に1回しか栽培できない野菜は、失敗すると再チャレンジできるのは1年後になってしまう。毎年同じ気象条件とも限らず、自然と向き合いながらの試行錯誤は正直大変」と、辛いながらも笑顔で話す松本さん。今年はパイプハウスを新規設置し、新たな作付けにもチャレンジする。

 松本さんは野菜を作るだけではなく、区内にわずかしかない畑を食育の場として提供し、小学生の社会科見学を受け入れている。その取り組みが実り、中野区の小学3年生が授業で使う教材に松本さんの畑の様子が掲載された。松本さんは「当初は近所の小学校2校を受け入れていたので私だけで対応できたが、徐々に増えているため、同じ区内の青壮年部役員やJAと協力しながら可能な限り受け入れられるよう対応している。コロナが落ち着くともう少し増えるかもしれない」と笑顔で話していた。9月17日には、JA東京青壮年組織協議会リーダーセミナーにおいて開かれる青年の主張発表大会に出場する松本さん。今後も、都市農業の維持・発展に向け、情熱をもって取り組んでいく。

保育園に野菜プランターと笑顔を届けたい 鎌田守彦さん

 大田区下丸子の鎌田守彦さん(81)が、8月3日、自身が賃貸する認可保育所アスク下丸子保育園へ野菜プランターを届けた。鎌田さんは保育園に賃貸する計画が決まった時に、園児に対し自身の経験を生かして何かできないかと考え、保育園建築に携わったJA東京中央田園事業所に協力を仰いだ。保育園が完成し、開園するまでの間に相川皆子園長と話し合いを重ねた。園長は「園児に教育の一環として野菜の栽培や収穫を体験させてあげたい」と話した。
 園児の年齢を考慮し、まずは野菜のプランター栽培体験を提案した。栽培する野菜はナスとオクラに決定し、同支店職員とプランターを届けた。栽培については鎌田さんが水やり方法、プランター設置場所等のアドバイスをした。今後も週に1、2度訪問して一緒に栽培していくことになっている。

 鎌田さんは「縁があってこのような機会が生まれた。収穫時期に園児たちの笑顔が見られたら嬉しい。また今後は野菜の種類や数を増やしていき、園児たちの食育にも役に立ててもらえれば」と話した。同JA田園調布支店亀井支店長は「保育園の教育に協力できて光栄に思っている。今後もご相談があればJAのできる限り最大限協力していく。」と話した。

【砧地区青壮年部】昭和61年から続く教育田で稲作体験の管理運営に携わる

 砧地区青壮年部は、世田谷区喜多見にある「世田谷区立次大夫堀公園じだゆうぼりこうえん」内の教育田で、長年にわたり稲作体験の管理運営を行っています。

 砧地区青壮年部は昭和25年4月に設立し、昨年4月に70周年を迎えた伝統ある部会です。JAの行事をはじめ世田谷区、東京都内の各地区の青壮年部と協力し、都市農業を守るため、消費者へ理解を醸成する活動や、区内住民を対象に講師として農業ボランティア育成に努めています。昭和61年から続く教育田での稲作体験では、平成7年から旧砧農協の諸先輩方から引き継ぎ、管理運営に携わっています。

 田植えを翌日に控えた5月25日、砧地区青壮年部の皆さんが、苗取り等の準備のために次大夫堀教育田に集まりました。部長の荻野顕治さんが作業の流れを説明し、苗の準備、水田の代かき、浮いている藻を掬うすくうなど作業を手分けして行う部員たち。当日は日差しが非常に強く、気温が高い状況でしたが、長年この活動を続けてきた熟練の技であっという間に準備が終わりました。

 5月、砧地区青壮年部の部員、世田谷区職員、JA役職員ら約100人で田植えを行いました。本来であれば、近隣の小学校や幼稚園などの教育団体や一般参加の区民など約15000人が参加して田植え体験をしますが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令中のため、昨年度に引き続き関係者だけでマンゲツモチの苗を植えました。10月、いよいよ稲刈りの日がやってきました。こうべを垂れるほどに実った稲の根元を持ち、鎌でザクザクとテンポ良く刈り取っていく砧地区青壮年部の皆さん。収穫したモチ米は精米して、地元の小学校や幼稚園にお配りします。

 荻野部長は次大夫堀公園での活動を振り返り「教育田なので、子どもたちに米づくりという貴重な体験をしてもらいたい。今後もずっと水田を守っていけるよう現状をしっかりと維持していけるよう頑張っていく」とお話してくださいました。

合併25周年記念統一夏季農産物品評会の野菜や花を寄付

 6月18日と19日の2日間、東京中央グリーンホールで、合併25周年記念統一夏季農産物品評会を開催しました。大田・世田谷・杉並・中野の4区の生産者が大切に育てた農産物901点が出品され、厳正な審査の結果、特別賞26点を選が選ばれました。また、新型コロナウイルスの影響で即売会を開けない代わりに、審査終了後に各区にある社会福祉協議会や子育て支援ネットに全て寄付しました。

 当日、箱詰めの音頭をとってくれたのは「JA東京中央青壮年部」。段ボールに色テープを貼って5カ所に区分けし、職員が現地へ運びました。農産物を受け取った皆さんからお礼の言葉が届きましたので、ご紹介します!

  • とても立派な野菜をいただき、ありがとうございます。
  • 生野菜はお母さん達にとても喜んでもらえます!ありがとうございます!
  • 大変喜んでいただきました。野菜をお届け頂いたタイミングで、ちょうどひとり親家庭と困窮世帯への食材支援を行っていたので、「普段、お野菜が高いのでありがたいです」「見ただけで、新鮮な良い野菜って分かる!」「馬込半白節成キュウリ、初めて聞いた」とのお言葉を多数いただきました。本当にありがとうございました。
  • お野菜は本当に沢山の方々が喜んでくれました。皆さん、新鮮でおいしそうなお野菜を見て、目を輝かせながら最高の笑顔でした。そして、何度も「嬉しい」「生活が苦しくてお野菜が買えないので本当に助かると」おっしゃっていました。
  • 野菜をお渡しした参加者のお話しをします。度重なる緊急事態宣言延期で勤めていた店が閉店し、無職となってしまったシングルマザーの方は沢山のお野菜を喜んで涙を浮かべて感謝されていました。その方からは「早速、いただいたきゅうりでサラダを作りました。すごく助かります。キャベツは父の日に鍋にしました」と感謝のメールを頂きました。

(写真提供:子ども食堂ヒロ様)

規格外の野菜をメニューへ

 東京都世田谷区にあるJA東京中央ファーマーズマーケット二子玉川では、農家と飲食店を繋ぐ取り組みに力を入れている。

 渋谷区代々木に店を構える「よよぎあん」の関将伸さん(47)は、10年以上にわたってファーマーズマーケットで地場産野菜を購入し、自慢のメニューで活用している。今年に入り「農家が出荷できず残った野菜や、処分してしまうものがあったら購入したい」と相談があり、同店職員が農家とのマッチングに乗り出した。6月には取り組みに賛同する生産者が見つかり、関さんへ出荷することができた。

 生産者の鈴木孝臣さん(48)は「曲がったキュウリやインゲン、形がいびつなトマトやナスなど、味の良さは変わらない農産物を飲食店で使ってもらえるのはとても嬉しい」と喜びを語った。関さんは「調理してしまうので、形が少し悪いというだけで使える野菜を捨てるのはもったいない。価格も安くしてもらっているし、鮮度抜群の採れたて野菜をお客さんに提供できるからありがたい」と笑顔で話した。「長年取り引きをしている関係があってできた試みをこれからも継続していきたい」とファーマーズマーケットの都築店長も意気込む。関さんは今後、SNSで情報交換をしながらメニューを考えたり、栽培してほしい野菜の要望などを鈴木さんに伝えていく。

映えより味で勝負、規格外のフルーツサンドイッチが好評

 JA東京中央ファーマーズマーケット二子玉川では、世田谷産の旬の果物を使ったフルーツサンドを販売している。人気のサンドイッチを手がけているのは、アーリーバードの野中千穂里さん(56歳)。2021年2月に地元産野菜のサンドイッチ「世田谷サンド」を販売したところ来店者からの人気も高く、昨今のフルーツサンド需要の高まりを受け、試作販売の末販売に至った。

 7月に入って収穫期を迎えた早生桃の出荷が始まり、店頭にも並ぶようになってきたが、野中さんはその中で傷がついたものや出荷できないものを農家から買い取ってフルーツサンドを作っている。フードロス削減の観点から持続可能な開発目標(SDGs)達成の一環にもなり、JA自己改革の基本目標でもある農業所得の向上にもなるということで、世田谷サンド以上に考案・開発・販売に力を入れている。野中さんは桃のフルーツサンドについて「中のクリームに少しヨーグルトを入れ酸味を加えることで、桃の風味を引き立てるよう工夫した。傷が付いたとしても果物のおいしさは変わらないので、規格外品の利活用としてフードロス削減にも取り組めていると感じる」とフルーツサンドを作る意義を語った。

 今後は、旬の果物に合わせてイチジク、カキ、ブドウ、マスカット、リンゴなどのフルーツサンドを考案・試作し、来店者に地元さん果物をPRする。

ペットボトルのキャップを集めて地域貢献

 大田区にある馬込支店は、昨年の5月から、地区を拠点にした活動の一環でペットボトルのキャップを回収しています。馬込支店・ハウジング馬込店・仲池上キャッシュコーナーの3カ所に回収箱を設置。集めたキャップは業者に依頼してリサイクル資源として利用し、その利益がワクチンの費用として「認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会」へ寄付しました。 地域の皆さんの協力で集まったキャップは163,500個で、重さにして327キログラムにもなり、ポリオワクチン163.5人分相当になりました。また、キャップをゴミとして焼却した場合に発生するCO2量1030.1キログラムの削減にもつながりました。

 支店長は今回の取り組みについて「地区を拠点にした小さな活動が地域の人をつなぎ、世界の子どもたちのために役立ったことは意義がある。温室効果ガス削減にもつながっており、今後もこの活動を長く続けていきたい」と話し、意欲を見せました。

「農業井戸」防災にも都市農地機能強化へ向け点検

 東京都杉並区は都の「都市農地保全支援プロジェクト」を利用してJA東京中央と協力し、農家の畑に防災兼用農業井戸を設置しています。このプロジェクトは、都市農地が持つ防災や環境保全などの役割を十分生かすとともに、地域住民に配慮した基盤を整備し、貴重な都市農地を保全することが目的。井戸の整備や停電時に必要な非常用発電機の購入費、防災協力農地看板の整備などを補助しています。井戸の設置は2014年の7カ所から始まり、現在は21カ所にまで増えています。

 3月上旬、2018年に井戸を設置した牧野繁男さんから動作確認依頼があり、設備業者と共に設置状況や稼働状況を調べ、発電機が正常に動き、井戸水を汲み上げることができることを確認しました。

 防災兼用農業井戸は日ごろの栽培管理だけでなく、災害時の防災用地と食料提供に加え、地域住民への生活用水の提供にも利用できます。点検を終えた牧野さんは「農業用井戸として役立てるとともに、災害時には近隣住民に提供できるようしっかりと備えておくことが大切だ。発電機が正常に動き、井戸水が出ることが確認できて安心した」と話しました。

T-GAP平川農園 平川幸志郎さん

 大田区にある平川農園では、園主の平川幸志郎さんが無農薬にこだわり、約30種類の野菜を育てています。令和3年3月に、東京都GAPをトマトで取得した平川さん。平成12年12月には東京都エコ農産物認証制度で化学合成農薬と化学肥料を全く使わない「東京エコ100」の認証を受けており、農産物に対する安全と、生産環境に対する安全を消費者に向けてPRしています。

夏ミカンの皮も実もまるごと使い切る 佐久間夏子さん

 世田谷区喜多見に住む佐久間夏子さんは、夏ミカンの皮を使った「なっちゃんピール」と、実を使ったゼリーをファーマーズマーケット二子玉川に出荷し、人気商品となっています。ゼリー作りは、皮を剥いた夏ミカンの実を有効活用しようと、食品ロス防止の観点から今年の5月から始めました。毎週水曜日と日曜日に出荷し、こちらもおいしいと好評です。

小学生に夏野菜の苗植えを教える高橋光正さん

 世田谷区にある芦花小学校で6月1日、小学校2年生5クラスを対象にミニトマトの苗植えを行った。この取り組みは、世田谷区上祖師谷の高橋光正さんが小学校側に依頼され、8年前から始めたものだ。「先生!僕のは、できてますか?」青空の下、キラキラした眼差しで高橋さんに呼びかける子供達。好奇心の赴くままに熱心に質問する様子が印象的だった。これじゃあ土が少ないな、もっと入れないといけないよと指導に熱が入る高橋さん。その声からは、都市農業を広めたい真っ直ぐな思いが感じられた。

 現在、都市農業を周知するため、世田谷区内にある小学校4カ所を回り、食育活動を行っている。今回のイベント終了後、高橋さんに対し、今後も継続して課外授業をするか尋ねると、「小学生への課外授業は今後もやっていきたい。子どもたちに教えるのは大変な作業なので、積極的にやる農家はいないが、都市農業のファンを増やすべく活動したい」と意気込んだ。

トップへ